HOME > 選ばれる理由 > 環境への思い
地球環境と日本テクノ

日本テクノの環境への思い

省エネ活動支援で地球温暖化防止へ

日本テクノの取り組み

チャレンジ25 日本テクノは10年以上前から、お客さまと省エネ支援サービスを通じて電力使用量の削減、温室効果ガス(GHG)排出量の削減に向け、取り組みを進めています。
また、取り組みは発電事業でも行われており、温室効果ガス排出量が少ない天然ガス発電所、太陽光発電所やバイオマス発電所からの電力をお客さまへ供給することで、地球温暖化防止へ貢献しています。
温暖化防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」では、WEBサイトにて"電気の見える化で進めるCO2削減"として紹介されています。

日本テクノの取り組み end

省エネ支援サービスによる温室効果ガスの削減

二酸化炭素換算量の確認SMARTMETER ERIA・デマンド閲覧サービスには、電力使用量からのCO2換算量を確認できる機能があります。
日本テクノの省エネ支援サービスは電気の見える化だけでなく、CO2の見える化も実現し、お客さまとともに温室効果ガス排出量削減を推進しています。

省エネ支援サービスによる温室効果ガスの削減

地球温暖化に配慮した発電事業へ

日本テクノでは、CO2排出量の少ない発電所を建設・運転しています。
当社の発電事業は温室効果ガスの排出量が少ない電力をお客さまへ安定供給する重要な役割を担っています。

日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー<日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー>
千葉県袖ケ浦市にある天然ガス発電所。
発電出力7,800kW、世界最高の発電効率49.0%、NOx排出量200ppm以下(O2=0%換算)を誇る環境性に優れた高効率タイプの「カワサキグリーンガスエンジン」(KG-18-V)14基で構成される11万kW級の発電所です。
NOx:一酸化窒素(NO)・二酸化窒素(NO2)など窒素酸化物の総称。

おばらき太陽光発電所 <いばらき太陽光発電所(平成25年春運転開始予定)>
茨城県東茨城郡の遊休地29,126平方メートルを利用した、設備容量1,998kW(2メガ相当)のメガソーラー。
年間発電量は2,350MWh(標準家庭約 652世帯分)を見込んでいます。
太陽光発電はCO2を発電時に排出しない地球温暖化防止に有効な発電です。

地球温暖化に配慮した発電事業へ end
トップへ戻る